私の診療所は、高知市東端の、南国市と境界を接する、潮見台団地にあります。潮見台と いう名は、高台に上ると、太平洋が望めることからつけられたそうです。山を切り開いて造成され た潮見台は眺望に優れ、窓からは素晴らしい、パノラマ夜景が楽しめます。まさに、宝石箱の中身を、ベルベットの絨毯にばらまいたような華やかさです。この眺望に親しんで育った若者の中から、土佐の人が愛してやまない、坂本龍馬のような、気宇壮大な人物が、きっとまた現れることでしょう。
高知には、龍馬を偲ばせるものがあふれています。桂浜の巨大な銅像をはじめ、街角の看板、記念碑、記念館など、いたるところでその姿を見ます。平和を愛し、肩肘張らずに無欲に生きた龍馬は、全国区の人気者ですが、特に高知では、その人気は絶大です。

潮見台の景観

土佐・横浪 桂浜の坂本龍馬記念館

 私は1980年に京大を出て、各地の病院に勤務しました。1995年から4年間は、鹿児島県の離島である、上甑島の診療所にいました。島の風光と人情は、例えようもないほど美しく、今も第二の故郷のように、追慕の念にかられます。甑島の風景写真をお楽しみください。

甑島の 風景

私は、1999年の初夏に開業しました。近辺の住民年齢層は比較的若く、有病率は低いです。ですから、診療所を受診される方は、それほど多くはありません。そこで、ゆったりと診療できますし、一日中、インターネットにアクセスして、最新情報を得られます。
 ところで、私は、東京は日本橋の、内科医の吉原先生が診療の合間に開発された、ダイナミクスという電子カルテ・レセコンソフトを愛用しています。ハードは、ウィンドウズのノートパソコン2台、デスクトップパソコン2台を、素人工事の院内LANでつないで使っています。診察しながら入力すれば、すぐ会計ができますし、レセプトオンライン送信も瞬時にできます。ですから、診察、データ入力、会計事務処理が、私一人ででこなせます。ダイナミクスから得たデータを活用すれば、e-gov(電子政府)を介して、国税庁・厚労省などへの申告・報告も簡単です。吉原先生は、私の大恩人です。 ご興味のある方は、吉原先生のHPにどうぞ。ジャミックジャーナル゙記事もご覧ください。
吉原先生のHP
ジャッミックジャーナル2001年の記事

戻る